テーマ:化学

で。

ノーベルウィーク、今年の化学賞は。 リチウムイオン電池の発明でアメリカのジョン・グッドイナフ氏、イギリスのスタンリー・ウィッティンガム氏、日本の吉野彰氏の3氏に決定。 https://www.bbc.com/news/science-environment-49962133 リチウムイオン電池は携帯電話やパソコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週はノーベルウィーク。

ちょっとバタバタしていたので、前半まとめていっちゃいますよ。 まず医学・生理学賞は、免疫系を用いたがんの治療薬「オプシーボ」の開発につながった研究で日本の本庶佑氏とアメリカのジェームズ・アリソン氏に決定。 https://www.bbc.com/news/health-45704322 ちなみにがんの免疫療法というと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして。

まだまだ続くノーベルウィーク、化学賞は。 ↑これは細菌の「モーター」ということなのだが、このように生体分子の構造の高解像度のイメージ化でスイスのJacques Dubochet氏、ドイツ出身でアメリカの大学にいるJoachim Frank氏、イギリスのRichard Henderson氏の3氏に決定。 http://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーベルウィーク3日目。

化学賞は、 分子マシンの研究でフランスのJean-Pierre Sauvage 氏、イギリス生まれでアメリカ在住のSir J Fraser Stoddart 氏、オランダのBernard L Feringa 氏に決定。 http://www.bbc.com/news/science-environment-37486…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実は100周年。

という本日は最近の話題から。 こちらの方は結晶学者のRobert Krickl 博士。その背後にあるのはKrickl 博士がウィーンのシティ・ホールに作った、4万個近くのボールと10キロの長さにおよぶ棒を使い、3メートル以上の高さに仕上げた塩(NaCl)の結晶モデルで、今月いっぱい展示予定なのだという。 http:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして。

ノーベルウィーク、化学賞は。 DNA修復のメカニズムの発見でイギリスのトーマス・リンダル氏(出身はスウェーデン)、アメリカのポール・モドリッチ氏、アジズ・サンカー氏(出身はトルコ)の3氏に決定。 http://www.bbc.com/news/uk-england-34464580?ns_mchannel=socia…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして。

今年のノーベル化学賞は、顕微鏡の解像度を上げることに貢献したというので、アメリカのEric Betzig とWilliam Moerner 両教授、ドイツの Stefan Hell 教授に決定。 http://www.bbc.com/news/science-environment-29536525 というか、えっ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり昨日の物理学賞の発表が遅れたのって。

ヒッグス教授が電話も持たずに休暇中で連絡が取れなかったせいという説が正しいのか? それはさておき、今年のノーベル化学賞は化学反応のプロセスをコンピュータでシミュレーションする研究でイギリス・アメリカのMichael Levitt 氏とアメリカ・オーストリアのMartin Karplus 氏、アメリカ・イスラエルのArieh Warsh…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

境界線が微妙だ。

というノーベルウィーク、今年の化学賞は生体内の細胞の受容体タンパク質の研究でアメリカのRobert Lefkowitz 氏とBrian Kobilka 氏に決定しました。 http://www.bbc.co.uk/news/world-19894971 いや、まあ、化学というか、どちらかというと生化学ですよね、これ。でもこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NASAも筆のあやまり。

といっても、今回は後続の宇宙ロケット開発が進んでいないにもかかわらずシャトルが引退してしまってISSとの往復がソユーズだのみになってしまったというポカではなく。 少し前に「ヒ素を摂取して成長する、地球上の他の生命体とは異なる細菌」を発見したとNASAの研究チームが発表したのだが。 これに関して、間違いだったんじゃないかとする研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウンウンクアジウム(仮)とウンウンヘキシウム(仮)から変更。

果たして化学選択の人は、新たに覚えなくてはならないのだろうか。 という本日は最近の話題から。 このたび国際純正及び応用化学連合(IUPAC)という、名前的に化学関連の国際機関と思われるところが、新たに114番目と116番目の元素の存在を正式に認めたのだという話。 この114番目とか116番目というのは、周期表で1番の水素から数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は化学賞。

ノーベルウィークが続いていますが、今年のノーベル化学賞は普通に化学っぽい内容でしたね。 準結晶(quasicrystal )という、何やら新しい構造の発見という研究でイ○ラエルのDaniel Schechtman 氏が単独受賞ということですが。何だかよくわからんが辞書によれば「一定の合金を融液から急冷して得られる構造で、結晶と非結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は66年目。

の広島の原爆記念日でした。 今年は福島第一原発の問題もあって、市長や首相は国の原子力政策の見直しに触れる発言をしていたようですが。 そういえばですね、私は以前にも「現在の人類の科学技術では原子力を完璧に制御できない」と言ってたんですが。しかしこれってよく考えてみると、いつか遠い未来に科学技術がものすごく進歩したら核を制御…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だからといって今放り出すわけにもいかないですしねえ。

新聞やニュースでも連日報道されている福島第一原発ですが。 とりあえず放射性同位体のセシウムやヨウ素(同位体はいくつもあるんですが、この場合はウランの核分裂によってじゃないと生じないらしいもの)が検出されているということなので、原子炉内で生じたものが何らかの形で外に漏れたというのは確かなんでしょう。ちなみに同位体というのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あ、今日はメンデレーエフ先生のお誕生日だった。

でもついでにあのモーツァルトとルイス・キャロルのお誕生日でもある、と言うと、何というのか、ものすごく濃いですよね(笑)。 ともあれ、本日はそんなわけで久々に例の周期表ということで。 原子番号78番、ニッケルやパラジウムと同じ10族だけど、隣近所だけ集めて白金(プラチナ)族のプラチナです。 一応学術用語としては白金と…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

そういえば。

NASAのスペースシャトル「ディスカバリー」のラストミッションは結局2月まで延期になったらしいんですが、物資の補給とか大丈夫なんでしょうかISS(国際宇宙ステーション)。まあ他にソユーズとか飛んでますけど。 という本日は例の周期表ということで。 原子番号77番、コバルトやロジウムと同じ9族だけど、仲間としてはお隣の白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人かと思ったのに(笑)。

というか正確には「地球外生命体」ですね。という最近の話題から。 いや、このたびNASAが会見を行なったんですがね。 それに先立って「宇宙生物学上の発見」という声明が出たとか出ないとかで、すわ地球外生命体の発見かと様々な憶測が飛び交っていたんですが、結局この会見は何だったかというとこちら↓。 http://www.bbc.c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく本格的に冷え込んで冬らしくなってきた。

しかしやっぱり今年は暑くなるのも急なら寒くなるのも急という極端な気候だったと思うわけで、これも地球温暖化の影響? そういえば今日からCOP16ですが。 と言いつつ本日は例の周期表ということで。 原子番号76番、鉄やルテニウムと同じ8族だけど、鉄族というくくりではなくて隣近所と一緒に白金(プラチナ)族というくくりのオス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

38個って、1個ずつ数えたのか?

どうやって数えたのかというのも謎なのだが、毎度おなじみのCERNが水素原子の反物質を38個作って容器に入れるのに成功したというんですが、本当にどうやって数えたんでしょうそんなもの(笑)。 あ、ちなみにこれで容器に入れて持ち運べるからと言って、すぐさま『天使と悪魔』みたいなことにはなりません、あいにく(笑)。だってねえ、多分「はやぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして今度は。

iTunes が映画の配信(というかレンタルと購入)を始めたらしいです。しかしこれ、ダウンロードするのにどれだけ時間がかかるんだろう。ということを考えると、レンタルショップに行った方が速そうだ。少なくとも今はまだ。 というわけで(どういうわけで?)、本日はちょっと間が空きましたが久々に例の周期表ということで。 原子番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あ、まだ地球が存在している(笑)。

という最近の話題から。 先日CERNのLHC(Large Hadron Collider=全長27キロの粒子加速器)が「ミニ・ビッグバンを作ります」と言っているという話をしてたんですが、現地時間7日にもう作っちゃったらしいですよ。 http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちなみに同じ炭素原子でできていても。

グラフェンは物理学賞で、フラーレンは化学賞。このあたりの線引きは微妙だなあ。という本日はノーベル化学賞の発表ですが。 今年の化学賞も炭素原子結合の新しい方法ということなので、昨日のグラフェンに続いて今年は炭素祭りなのかと一瞬思っちゃいましたけどねえ(笑)(しかしその場合平和賞はさておき文学賞をどう炭素くくりにするのかが謎)。正確に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日は物理学賞、でもその前に。

昨日のノーベル医学・生理学賞の受賞について、早速ヴァチカンが文句をつけたらしいですよ。 まあヴァチカンは生殖医療に関して前から色々言ってますけど、特に現法王の、本人のせいではないだろうがちょっと悪役顔の(失礼)ベネディクト16世は保守派ですしね。「ダ・ヴィンチ・コード」にも噛みついてたし。 というかもしかしてこのヴァチカンの反発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レアメタルとレアアース。

このところ漁船衝突問題に端を発した日中の関係悪化で中国が対日本輸出を一時停止たというのでにわかに話題の言葉になっているレアアース(希土類)。 ちなみにレアメタル(希少金属)というのもよく聞く言葉ですが、基本的に周期表を1族から18族まで並べたら真ん中のへこんだゾーンにある元素は大抵金属なので、3族のあたりに詰め込まれているレアアー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「世界で一番美しい」といえば。

もちろん猫様に決まってるだろうと言いたいのだが、猫様で作ってくれなかったんですね全米ベストセラー(笑)。 世界で一番美しい元素図鑑創元社 セオドア・グレイ Amazonアソシエイト by いや、カラー写真がいっぱいで確かに美しい図鑑ではありそうなんですが、 右端の希ガスの扱いが何気にひどいような気がし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日から9月。

しかしまだまだ記録的な猛暑は続きそうということで、どこかのいらないICBMでも高気圧に打ち込んで蹴散らしたりできないんだろうかと思ったり。いや本当に(笑)。 という本日は久々に例の周期表といきましょう。 原子番号71番、左から3列目の3族の上から3コマ目に15個も元素を詰め込む暴挙なランタノイドで希土類元素のルテチウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPad は35度を超えるとやばいんですか?

何やらアメリカで暑さのせいでiPad がイカレたんだかシャットダウンしたんだかという裁判になってるらしいんですが、35度が臨界だというなら今年の夏の北半球では使えないんじゃなかろうか。モスクワでさえ37度とかいっちゃってるらしいですしねえ。 というか詳しくは知らんのですが、どうも日光の降り注ぐプールサイドかどこかでiPad を使っ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

W杯は終わりましたが。

宇宙を転がるサッカーボール(ただし超ミクロサイズ)の話。 とはいえ、今年の南アフリカ大会で使われたような形のサッカーボールじゃなくて、正六角形と正五角形からできている昔ながらのサッカーボールの方ですが。 もっともこのタイプのサッカーボールも昔から使われていたわけでもなく、1960年代に実用化されたらしいです。その前はなるべく球状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道どころか。

ヨーロッパですらも今年の夏は暑いらしいというのでもはやどこにも逃げ場はないのかと思っていたら、南米では各地で吹雪だそうで。あ、そうか、南半球は季節が逆で今は冬だった。じゃあこの日本の夏に耐えられなくなったら地殻ぶち抜く勢いでトンネルを掘って南米に逃げればいいのか、でもスペイン語は話せませんよアミーゴ(男性形)。 というわけで(どう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆうパックでモノは頼んでない(はず)。

ゆうパックが何やらペリカン便と統合したら荷物の仕分けだか何だかが間に合わなくなって配達が莫大に遅れているという話ですが、少なくともワニは端からゆうパックでは来ないから関係ないと思ってたんですが。 しかしニュースを見てたら何やらその影響で普通郵便の一部にも影響がとか言っていて→あれ? そういえばイギリスワニからの荷物がまだ届いてない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more