回転猫目歴史儀英国製

アクセスカウンタ

zoom RSS ちなみにその後のル・カレ。

<<   作成日時 : 2012/06/16 14:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

結局手元に原作が見当たらず、近くの本屋(複数形)にも置いてないし、ちょっと遠くの本屋まで足を延ばしてみてもなかったので、只今ワニに注文中。何だか最近近所に使える本屋がなくなってきたなあ。

という本日は、映画の話





いや〜大分前から「テルマエ・ロマエ」もやっているんですけどね。
しかし「テルマエ〜」と「ティンカー〜(邦題は認めん(笑))」とどちらを優先するかと言われれば後者だし、古代ローマ(というか半分日本というか)と吸血鬼とどちらをとるかというとこれまた後者という。一応吸血鬼は義務形だなので。「トワイライト」とかはあんまりその気にならないのだけど。
ともあれ以下感想ですが、ネタバレはしないつもりですけど一応今から観に行くという人は回れ右

18世紀後半イギリスからアメリカに移り住んで財をなしたコリンズ一族のバーナバスは、うっかりメイドに手を出して捨てたところ、そのメイドが実は魔女だったので恋人を殺されたあげく呪いで吸血鬼に変えられ、そのうえ200年近く棺の中に閉じ込められてしまう。1970年代になってようやく偶然解放されたものの、コリンズ家は屋敷こそ残っていたもののすっかり落ちぶれてしまっていた。そこで何とかコリンズ家を再興しようと奮闘する。

という大まかなストーリーなのだが、偶然にも「ティンカー〜」に続いて1970年代が舞台の映画だでもアメリカなので全然違うというか、ラブ&ピースのヒッピー文化全盛期? 舞台となるコリンズ家の屋敷のゴシック感満載の雰囲気と、アメリカ文化のキッチュ感の組み合わせが何ともティム・バートンらしいと言いましょうか

ちなみにこの映画、手元の吸血鬼辞典をくってみると、元はアメリカで大ヒットしたゴシック・ソープオペラで、日本風に言うなら昼メロ的なテレビドラマだそうで。いまだに根強いカルト的人気を誇り、吸血鬼バーナバスに至ってはファンクラブがあるほど。
ただ、この原作ドラマ、ものすごく長いらしいんですよ
200話だか300話だか、とにかくそのくらい長い放送回数が続き、ついでに原題が「Dark Shadows 」と「s」がくっつくところがミソというか、妖術使いだかゾンビだか人外がぞろぞろでてきてどんどん話が広がっちゃうらしい。らしいというのは、もちろん私は観たことないからですが。

で、主演のジョニー・デップといい監督のティム・バートンといい、元からこのドラマのファンだったらしいんですね。まあいかにもという感じなのだが(笑)。
そのファンが念願の映画化をしました、というのでそれはもう原作に忠実にやっているらしい(辞典見る限り登場人物なんかは大体そんな感じと思われる)のだが、いかんせんもとが長すぎる+それを2時間弱の尺の中に詰め込むというのは、ちょっと無理があるんじゃ多分これ、元ネタを知っている人は「ああ、これこれ」と楽しめると思うのだが、元ネタがわからないとちょっと唐突過ぎる展開に思える部分が多々あるんですよね。ファンとしてはどこも削れなかったのかもしれないが、どこかに焦点を絞るか、あるいは時間を延ばすもしくは2部作くらいにするとか、した方がよかったのでは。

まあ面白いは面白かったし、約200年ぶりに変わった世界を見て驚くところとか、ぴったりの寝床がなくて収納棚の中や段ボールの中にもぐりこんで寝ようとするとか、細部の小ネタも楽しめましたけど。でもストーリー全体はちょっと詰め込み過ぎだったかな。

そして吸血鬼は義務形ということで、あえてどうでもいいツッコミを入れるなら、「魔女の呪いで吸血鬼になった」というのは確かに吸血鬼になる一つの方法ではあるし、太陽の光も別に全ての吸血鬼の弱点というわけでもないので、昼間(サングラスや日傘で防備したうえでだけど)出歩いているというのもまあいいとしよう。まあその太陽の光に弱いとか、そういう一般的なイメージは多分ブラム・ストーカーで定着したものじゃないかと思うのだけど。しかし一応その前の18世紀には「vampire 」という言葉が英語にも入っているし、フランスでも迷信だとして哲学者が議論していたりしたので、18世紀の人間のバーナバスが吸血鬼の存在を知っていて吸血鬼という言葉を使っているのもよしとする。
しかし映画の中で、人間一人あたり大体5リットルくらいの血液があるとして、それを数秒で飲み干せるとか言っているのだが、それはちょっと無理ではないかと(笑)5リットルって1リットルパックの牛乳5本分、それを数秒で一気飲みは、いかにバケツのようなサイズのコーラをがぶがぶ飲んでいるアメリカ人でも無理がある(笑)。大体吸血鬼って元々甦る死者なのだから基本的な内臓の構造は生きている人間と変わらないはずだもん、牛乳パック5本分もの液体はとても一気に胃袋にはおさまらないんじゃ。だから普通吸血鬼は幾晩も犠牲者のもとに通うのだと思うのだけど。全く本筋とは関係のないどうでもいいツッコミだけど、それだけ(笑)。

じゃあ本筋と関係のあるツッコミは、というと、1970年代初頭の約200年前(正確には176年だったかな)前というと、バーナバスが吸血鬼にされて棺の中に封じられたのは大体ちょうどアメリカ独立戦争後くらいってことになるんじゃないかと。コリンズ家というのが街の名前になるくらいの有力者だというのに、そのあたりの話は全く関係なし? 街の有力者ならもっとこう、メイドに手を出したり恋人作ったりしてるより先にやることがあるんじゃというか(笑)。メイン州が舞台らしいけど、当時メイン州は独立した州ではなくマサチューセッツ州の一部だったらしいけど、それならなおさらマサチューセッツ州は独立戦争の主な舞台の1つだったのだからさあ。
あと200年越しでバーナバスに呪いをかけた魔女がコリンズ家を没落させたというのだが、えっ、200年もかけてまだ一族根絶やしにできてないの?(笑)。と(笑)。まあそれを言ったら話が成立しないわけですが。

というわけで今日はこのあたりで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちなみにその後のル・カレ。 回転猫目歴史儀英国製/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる