テーマ:イギリス

イギリス人みんな大好き。

ゴーストストーリーなゴシックファンタジーでもあり、動乱の時代を生き抜こうとする歴史冒険ファンタジーでもある。 影を呑んだ少女 - フランシス・ハーディング, 児玉 敦子 というこちら。 『嘘の木』『カッコーの歌』につぐ、フランシス・ハーディング邦訳3冊目。 原書は『嘘の木』の次の8作目にあたり、カーネギー賞やローカス賞の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あああ。

いや、ほんと、ちょっと。 Endeavour Series 7 [DVD-PAL 日本語無し](輸入版) -新米刑事モース〜オックスフォード事件簿〜 シーズン7- というイギリスITV製作の、コリン・デクスター原作の『モース警部』が刑事になりたて(もう5年経つけど)の若いころを描いたドラマ”Endeavour”シリーズ7。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いや、これ。

舞台は1970年だけど、滅茶苦茶現在のイギリスを反映してないか? Endeavour Series 7 [DVD-PAL 日本語無し](輸入版) -新米刑事モース〜オックスフォード事件簿〜 シーズン7- というイギリスITV製作の、コリン・デクスター原作の『モース警部』が刑事になりたて(もう5年経つけど)の若いころを描いたド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国貴族の世界再び。

というこちら。 イギリスITVのテレビドラマ『ダウントン・アビー』の劇場版。 まあ本国では昨年公開されてもうDVDも出ているのだが、一応日本では公開されたところというので、なるべくストーリーのネタバレはなしの方向で行きますが。 とりあえずテレビシリーズはシーズン6で1925年まで行ったのだが、この映画ではその続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ。

この日が来てしまった、Brexit=イギリスのEUからの離脱。 https://www.bbc.com/news/uk-politics-51315772 ちなみに議会前では離脱賛成派も反対派も集まっているようなのだが、離脱の瞬間の現地時間1月31日午後11時には、ビッグベンは鳴らされない。修理中だから。とはいえ、重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして。

年明け早々トランプがいきなりイランのソレイマニ司令官を殺害し、イランが当然報復を宣言し、すわ第五次中東戦争下第三次世界大戦勃発か、という緊迫した情勢が続いていたなか。 イギリス下院ではボリス(ジョンソン英首相)のBrexit 法案が330対231で可決。この後上院に送られるけど、これでよほどのことがなければ今月末のEU離脱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして当然こうなるわな。

ボリス(ジョンソン英首相)のBrexit 案、下院で358対234の賛成多数で可決。 選挙前まではhang parliament だったからボリスの法案は軒並み否決されていたのだが、先日の総選挙で与党保守党が単独過半数を獲得したからなあ。 これで多分次の期限の来年1月31日のBrexit はますます確実になったというか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あああ。

さよならEU。 というイギリス下院の総選挙は、現時点でまだ開票作業中だけど、今回は大方の予想どおり与党保守党が単独過半数を上回る勢いということで、これは来年1月末期限のBrexit が現実味を帯びてきたか? https://www.bbc.com/news/election-2019-50765773 う~ん、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

でもって。

今度は総選挙だ。 という、Brexit 問題で紛糾しているイギリスだが。 離脱強硬派で是が非でも10月31日に離脱したいボリス(ジョンソン首相)が議会閉鎖や「合意なきBrexit 」を仕掛けようとし、メイ前首相案よりも悪いとされるボリス案の離脱協定案を期限に間に合わせるため3日で審議しろと滅茶苦茶をやったため、その過程で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そりゃそうでしょうよ。

という、今月末(10月31日)が離脱期限のBrexit。 今何日だよ、もう1週間ちょいしかないですよね? だから先週異例の土曜開催議会でボリス(ジョンソン首相)の新たな離脱案の採決を前に「まずEUに離脱期限延長を求めろ」と下院が可決、これに基づいて一応ボリスは渋々離脱期限延長を求める書簡を送ったものの、絶対今月末に離脱す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォークランド紛争以来の。

土曜の議会開催というと大変なことのようだが、実際もう離脱期限が今月10月末だからな、イギリス。 という議会で、先日ボリス(ジョンソン英首相)がEUと合意した離脱協定案を審議することになったのだが、離脱案の採決の前に、先に議会で可決した「合意なきBrexit」を阻止するために離脱期限延長を求める法案に基づいて離脱期限延長を求…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まじか。

ボリス(ジョンソン英首相)とEUがBrexit 協定案に合意。 https://www.bbc.com/news/uk-politics-50079385?ns_linkname=news_central&ns_mchannel=social&ns_campaign=bbc_breaking&ns_source=twitt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

で。

10月に入ると日本では不景気のなか消費増税が強行され(バカ)、イギリスではBrexit 期限まであと1か月。 そしてこのたびボリス(ジョンソン英首相)が保守党の党大会で新たなBrexit 最終案を提示、EU側がこれを受け入れなければ「合意なき離脱」しかないとの構えだそうだが。 https://www.bbc.com/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さあ、来たぞ。

英最高裁、ボリス(ジョンソン首相)の事実上の議会閉鎖に対し違法との判断。 https://www.bbc.com/news/uk-politics-49810261 そもそもイギリス議会は通年開催で、かつそれは(成文憲法はないとはいえ慣習法で憲法に相当するような何百年と積み重ねてきた)法律で必要なときにいつでも開かれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

う~ん。

10月31日に離脱期限が迫ったぎりぎりの攻防が続いているイギリス議会。 そもそもは3月→揉めているのでちょこっとだけ延期して4月の離脱期限内にメイ前首相がEUと合意した離脱案に議会の承認が得られなかったため、10月末に延期&メイ首相辞任を受けて、新たに保守党党首となったボリス(・ジョンソン)が新首相になったものの、ボリスは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

で。

こちらも予想通りの展開というか。 前日の議事進行を政府ではなく議会が主導するという動議可決に続いて行われたBrexit 期限延長法案は327対299で可決。これを受けてEUを交渉できなくなるとしてボリス(ジョンソン首相)は解散総選挙を求めたが、こちらは否決。 ボリス、首相になってから数か月足らずのあいだに(まあその間議会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予想どおり。

初っ端から揉めた。という本日は最近のイギリスから。 10月末に迫ったBrexit 期限を前に、離脱強硬派のボリス(ジョンソン首相)が夏休み明けの議会再開の目安となるQueen's Speech を10月まで延期してその間事実上議会閉鎖で議論ができないようにするという、多分法的には問題ないのだがやってはいけない手に出たため、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そりゃそうなるだろう。

先日のボリス(・ジョンソン英首相)がBrexit 期限を目前にそのぎりぎりまで議会を事実上1か月閉鎖するとしたことに対して。 週末イギリス全土で大規模な抗議デモが勃発。 https://www.bbc.com/news/uk-49534940 一応ボリスのやっていることは法的には多分問題はないと思われるのだが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そこまでやるか。

という本日は最近のイギリスから。 ようやく暑さも収まりつつあり、秋めいてきて、夏も夏休みも終わりに近づいてきたところで。 ボリス(・ジョンソン英首相)が9月の議会の再開を前に、これを1か月延期すると言い出した。 https://www.bbc.com/news/uk-politics-49504526 イギリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして気がつくと。

もう次の期限まで2か月を切っているBrexit。 おっと、お行儀が悪いぞボリス(ジョンソン英首相)(何故かこの人は昔からボリス呼びしたくなるくせが抜けない)。 おかしいなあ、この人、一応生まれも育ちもいいはずなのに。 それはさておき、EUと合意したBrexit案が議会の承認を得られず揉めに揉めた末に当初3月末だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いやあ。

事前予想どおり、メイ首相退陣を受けてのイギリス保守党党首選はボリス(・ジョンソン)が勝ちぬいたわけだが。 しかし、就任直後からこれほど不人気な次期首相もそうはいないんじゃないか。 https://www.bbc.com/news/uk-politics-49092327 まあボリス(とついついファーストネームで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そりゃ。

呪われたダイヤモンドと呼ばれても仕方がないこの来歴。 コ・イ・ヌール 美しきダイヤモンドの血塗られた歴史 というこちらの本。 タイトルそのまま、かつてインドやアフガニスタン、ペルシアの王たちを翻弄し、現在はイギリス王室所有のダイヤモンド「コ・イ・ヌール」のたどった歴史について書かれた本。 歴史上有名な、名前の付けられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このタイトルは。

まさにぴったり。 大英帝国は大食らい: イギリスとその帝国による植民地経営は、いかにして世界の食事をつくりあげたか河出書房新社 リジー・コリンガム Amazonアソシエイト というこちらの本。 『インドカレー伝』や『戦争と飢餓』で食という切り口から歴史を読み解いていったリジー・コリンガムが、大英帝国という世界帝国の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元外相と現外相の戦い。

という最近のイギリスから。 メイ首相の辞任表明を受けてイギリス保守党では次期党首(=首相)選びが進んでいたのだが。 このたび保守党議員による4回目の投票でようやく候補者のなかからボリス(・ジョンソン)元外相(何だかこの人は「ボリス」と呼びたくなるんだよな)とジェレミー・ハント現外相の2名に絞られ、この後7月に全国保守党員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このところ。

ライバル(?)をしのぐ人気ぶり。 というこちらの肖像画。 ばら戦争でおなじみというか、シェイクスピアでおなじみというか、ヨーク家最後の王リチャード3世の肖像画とされるもの(ナショナル・ポートレイト・ギャラリー所蔵)だが、こちらがこのたびポートレイト・ギャラリーの企画の一環でレスター市での展示が決まったそうだ。 ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして。

どうなるシリーズ6。 Endeavour Series 6/新米刑事モース シリーズ6 オックスフォード事件簿≪英語のみ≫ [PAL-UK] [2019]Amazonアソシエイト というコリン・デクスター原作の『モース警部』が刑事になりたての若いころを描いた、イギリスITV制作のドラマ"Endeavour"シリーズ6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それでもって。

ますます混乱しそうなイギリス。 先週末行なわれたEU議会選挙の結果、イギリスではナイジェル・ファラージ党首率いるその名もBrexit党が得票率トップに躍り出た。 https://www.bbc.com/news/uk-politics-48418834 まあこれは事前予想どおりと言えるが、しかしそのわりにそれほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しかし。

問題は何も解決してないというか。 メイ首相、辞任表明。 https://www.bbc.com/news/uk-politics-48395905 まあこれ自体はいきなりでも何でもなく、3月の当初の予定のBrexit を前に揉めに揉めていたときから前代未聞の大差で離脱案が否決されたり、不信任案を出されたり(否決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

え?

6月初めにBrexit案の審議に入る? だったら5月のEU議会選挙って、何のためにやるんだ? という、最近のイギリスというかBrexit。 当初3月末の離脱期限を前に12月から約3か月ほど議会で揉めに揉めてそのわりにちっとも前に進まず、いったん4月に延期しても何の進展も見られなかったため結局10月末まで延期されたものの、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何だか。

いろいろと意味深なタイトルだな。 Endeavour Series 6/新米刑事モース シリーズ6 オックスフォード事件簿≪英語のみ≫ [PAL-UK] [2019]Amazonアソシエイト という、コリン・デクスター原作の『モース警部』が刑事になりたての若いころを描いた、イギリスITV制作のドラマ"Endeavou…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more