テーマ:物理学

というわけで。

ノーベルウィーク、続いて物理学賞は。 大きくまとめて宇宙論に関する研究で、カナダ生まれ現プリンストン大のJames Peebles教授、スイスの Michel Mayor 教授、ケンブリッジおよびジュネーブ大のDidier Queloz教授の3氏に決定。 https://www.bbc.com/news/scienc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週はノーベルウィーク。

ちょっとバタバタしていたので、前半まとめていっちゃいますよ。 まず医学・生理学賞は、免疫系を用いたがんの治療薬「オプシーボ」の開発につながった研究で日本の本庶佑氏とアメリカのジェームズ・アリソン氏に決定。 https://www.bbc.com/news/health-45704322 ちなみにがんの免疫療法というと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そんなこんなで。

本日は最近のブラックホール、じゃなかった、話題から。 まずはこちら。 今年の3月に亡くなった物理学者のスティーヴン・ホーキング氏がウェストミンスター・アビーの科学者コーナーにニュートンやマクスウェル、ダーウィンらと並んで埋葬されたという。 https://www.bbc.com/news/uk-england-ca…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これはなかなか。

厚みも深さもちょうどいい読み応え、ついでに表紙デザインも良い(ここわりと重要)。 知の果てへの旅 (新潮クレスト・ブックス)新潮社 マーカス デュ・ソートイ Amazonアソシエイト by というこちらの本。 数学者で、オックスフォードでチャールズ・シモニー教授職を務めるマーカス・デュ・ソートイの4冊目の著作。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そしてさらに。

えええええっ、スティーヴン・ホーキング博士がお亡くなりに。 http://www.bbc.com/news/uk-43396008 というか今日(3月14日)はアインシュタインの誕生日じゃないか。 アインシュタインの一般相対性理論から導き出されるブラックホールの研究をやっていたホーキング博士らしいというか、なんとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルーブルの地下に。

粒子加速器が、とくれば、『天使と悪魔』+『ダ・ヴィンチ・コード』で地下で一体何を作っているんだとツッコミを入れるのがとりあえずお約束(笑)。という本日は最近の話題から。 ルーブルの地下に粒子加速器↑があるというのは本当で、それがアップグレードを終えたというのだが、一体何に使われているのかというと、 所蔵品の分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうこれしかないだろう。

今年のノーベル物理学賞は。 重力波を検出したLIGO。 と言いたいところだが、多分平和賞なんかを除いては研究機関に贈るというのはできないのだろうなあ、ヒッグス粒子のCERNのときもそうだったし。 というわけで、そのLIGOの関係者というかメンバーから、上の写真で左から順番に、アメリカのレイナー・ワイス、バリー・バリッシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そしてノーベルウィーク2日目。

物理学賞は、 トポロジカル絶縁体という現象に関する研究で、イギリス生まれでアメリカ在住のDavid Thouless氏、 Duncan Haldane氏、Michael Kosterlitz氏の3氏に決定。 http://www.bbc.com/news/science-environment-37486373?ns…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここの場合。

ある意味なんでもありだから。という最近のCERNから。 といっても、また新しい粒子を作ったという話ではない(この前の国際会議でその発表があるんじゃないかと噂されていたが、今回は間違いだったということで)。 夜の暗闇の中にフードをかぶった怪しげな人影が、なにやら怪しげなことをしている。 これは撮影されたビデオの一場面で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まずタイトルで。

ひきつけられる。 ダークマターと恐竜絶滅―新理論で宇宙の謎に迫るNHK出版 リサ・ランドール Amazonアソシエイト by という、アメリカの理論物理学者リサ・ランドールの最新作。 ちなみにこれ、原書のHCが(UK版では)今年初めに出たばっかで、PBが出るまで待とうと思っていたら、その前に邦訳が出たよ。はやっ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリス人ならやると思っていた。

先週LIGOが重力波に検出について正式に発表したわけだが。 その「LIGOのfirst run 終了の2010年までに重力波が検出されるか」という賭けをイギリス人の教授2人がやっていたらしい。 上の画像はそのうちの1人、グラスゴー大学のJim hough 教授が自室に額に入れて飾ってあるという、その賭けの券。 ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度こそ本当に。

100年目の快挙。 ↑蚊取り線香ではありません。 なにが100年目の快挙なのかというと、アインシュタインが約100年前に発表した一般相対性理論で予言した重力波を、アメリカのLIGO(The Laser Interferometer Gravitational-Wave Ovservatory)が検出に成功したと発表。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実は100周年。

という本日は最近の話題から。 こちらの方は結晶学者のRobert Krickl 博士。その背後にあるのはKrickl 博士がウィーンのシティ・ホールに作った、4万個近くのボールと10キロの長さにおよぶ棒を使い、3メートル以上の高さに仕上げた塩(NaCl)の結晶モデルで、今月いっぱい展示予定なのだという。 http:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

というわけで。

ノーベルウィーク、物理学賞は。 「ニュートリノに質量があることを示したニュートリノ振動」の発見で、日本の梶田隆章氏とカナダのアーサー・マクドナルド氏に決定。 http://www.bbc.com/news/science-environment-34443695?ns_mchannel=social&ns_campa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これはすごい。

ボリュームも内容も。 クリングゾールをさがして河出書房新社 ホルヘ ボルピ Amazonアソシエイト by 20世紀前半のドイツを中心に、科学と歴史が手に手を取り合って織りなす奇想ミステリというのか、とにかくすごい。 大まかなあらすじとしては、語り手のドイツ人数学者グスタフ・リンクスのもとを、アメリカ人の物理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイミング的に。

ちょっと間が悪かったということはある。 先週は「ニューホライズンズ」の冥王星最接近とか、日本の国会での強行採決とか、大きなニュースが相次いだため、その陰に隠れた形になってしまったのだが。 只今絶賛稼働中のLHC、のうちLHCbが、新しい粒子を発見。その名もペンタクォーク。 http://www.bbc.com/ne…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

順調に来ましたね。

ついに本格的に実験突入。 この喜んでいる部屋いっぱいの人々は、CERNのLHCのCMSのコントロールルームの人々。ちょっと長い(笑)。 約2年にわたるメンテナンス&アップグレードを経て今年のイースターに稼働したLHC、先月順調にメンテに入る前のものを大幅に上回る13TeV(説明するとちょっと長くなるのでこの業界のエネルギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そういえば。

その昔、CERNのLHCが最初に稼働した際に「LHCが稼働したら地球が消滅する」と言っていた人は、今頃どうしているのだろう。 というLHCは最初の稼働でヒッグス粒子を発見(というか製造)し、その後長期にわたるメンテナンスとアップデートを経てこの春再稼働、無事プロトンビームの発射や衝突のテストも終わったところで、今回前人未到…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海外映画の日本公開が。

ものによっては大分遅くなるというのはわかっているのだが、その日本公開の中でも地域ごとに時差があってだな。 Travelling to Infinity: The True Story Behind the Theory of EverythingAlma Books Ltd Jane Hawking Amazonアソシエイト …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再稼働から約1か月。

只今のLHC。 こちらはATLASのイメージ画像。 まだアップデート後の想定された高エネルギーでの衝突は行われていないのだが、それより低めのエネルギー(といってもかなり相当なエネルギーではあるのだが)でのプロトンビームの衝突に成功したという。 http://www.bbc.com/news/science-envi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そういえば今年は。

一般相対性理論100周年でもある。 パーフェクト・セオリー―一般相対性理論に挑む天才たちの100年NHK出版 ペドロ・G・フェレイラ Amazonアソシエイト by という本日の読了本。 こちらは一般相対性理論や宇宙論が専門の学者による、一般相対性理論をめぐる100年を描いたノンフィクション。 相対性理論は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休日返上で。

再稼働おめでとうございます。 約2年間のアップデートの末、ちょっと当初の再稼働予定がトラブルで遅れたので、イースター返上で再稼働したCERNのLHC。 というか、LHC自体はLarge というだけあって全周27キロという巨大さ+地下にあるので上から見ても山手線のように全体像が見えるわけではないので、上の画像はその一部であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そしてCERNのLHCが。

ヒッグス粒子に続いてすごいものを発見。 え~、現代の物理学では、自然界には4つの力(force)=強い力、弱い力、電磁力、重力があるとされている。 しかしこのたび、「素粒子物理学者に力をもたらしている力」が発見されたのだという。 http://home.web.cern.ch/about/updates/2015/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あ、やっぱり面白いことを言ってる人がいるんだ。

♪もう~いくつ寝ると~再稼働~♪ の、毎度おなじみのCERNのLHCなのだが。 先日、「最初にLHCを稼働した時に、ブラックホールが発生して地球が滅亡するという話が流布して、しまいには(何故か)ハワイで稼働差し止めを求める裁判を起こした人までいたのだが、今回の再稼働ではそういうことを言って騒ぎ立てる人がいないのだろうか」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪もういくつ寝ると~♪

♪再稼働~♪ はい、約2年間のメンテナンス&アップデートを経て、いよいよ今月再稼働する毎度おなじみのCERNのLHC。相変わらずほれぼれする造形美(笑)。 というか、上はその一部であるところのCMSなのだが、 人間が作業しているのを見ると、一体どれほど馬鹿でかいのかということと、それなのにCMS=コンパクト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当なら。

ものすごい大発見だったのだけどな。という本日は最近の話題から。 これは何かというと、南極にあるBICEP2という電波望遠鏡のデータ画像。 昨年これが「原始重力波」を検出したという発表があったのだが(詳しくはこちら→http://niyari-orbit-catseye.at.webry.info/201403/artic…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

というわけで。

今年のノーベル物理学賞は、青色発光ダイオードの研究で、名城大の赤崎勇教授、名古屋大の天野浩教授、カリフォルニア大サンタバーバラ校の中村修二教授の3氏に決定。 http://www.bbc.com/news/science-environment-29518521 というか、青色発光ダイオードといえば信号機や携帯電話や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時差があるので。

本当は現地時間29日だったけど、60周年おめでとう。 これは一応地上部分(のごく一部)なのだけど、1番有名なものは地下の超巨大構造物。 という、CERN=欧州原子核研究機構の60周年でした。 http://home.web.cern.ch/about/updates/2014/09/cern-turns…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当なら大発見だったのだが。

という本日は最近の話題から。 こちらは南極にあるアメリカの観測装置BICEP。 今年の3月にこの研究チームがビッグバン直後の原始宇宙に重力波の痕跡を発見したと発表したのだが。最近欧州宇宙機関(ESA)の人工衛星が宇宙のちりの新しい地図を発表、BICEPの観測したものはこのちりの影響によるもので、重力波ではないのではないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摩天楼のてっぺんから。

コインを落とすと、地上でそれにぶつかった人は大怪我をするか? これはどうもアメリカのアニメ『シンプソンズ』の中でテレビで放送されているという設定の『イッチー&スクラッチー』という、ネズミと猫のアニメがもとになっているらしい都市伝説らしいのだが。その中でネズミのイッチーがエンパイア・ステート・ビルの上からコインを落として、加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more