テーマ:歴史

図版もカラーで美しいけど。

まさに美しいバラにはとげがある。どころか下手をするとこの場合命を落とす。 死を招くファッション 服飾とテクノロジーの危険な関係 - Alison Matthews David, 安部 恵子 というこちらの本。 主に19世紀から20世紀にかけて産業化や技術の発展でもたらされた華やかなファッションが死の危険と隣り合わせだったと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリス人みんな大好き。

ゴーストストーリーなゴシックファンタジーでもあり、動乱の時代を生き抜こうとする歴史冒険ファンタジーでもある。 影を呑んだ少女 - フランシス・ハーディング, 児玉 敦子 というこちら。 『嘘の木』『カッコーの歌』につぐ、フランシス・ハーディング邦訳3冊目。 原書は『嘘の木』の次の8作目にあたり、カーネギー賞やローカス賞の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これは。

ベートーヴェン生誕250周年の変化球かな、と思ったけど、それだけにとどまらず面白かった。 ベートーヴェンの愛弟子: フェルディナント・リースの数奇なる運命 - かげはら 史帆 というこちらの本。 『ベートーヴェン捏造』(ちなみにこちら→https://niyari-orbit-catseye.at.webry.info/2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いや、これ。

舞台は1970年だけど、滅茶苦茶現在のイギリスを反映してないか? Endeavour Series 7 [DVD-PAL 日本語無し](輸入版) -新米刑事モース〜オックスフォード事件簿〜 シーズン7- というイギリスITV製作の、コリン・デクスター原作の『モース警部』が刑事になりたて(もう5年経つけど)の若いころを描いたド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

往時の雰囲気漂う。

インドが舞台のミステリ。 カルカッタの殺人 (ハヤカワ・ミステリ 1945) というこちら。 イギリス、というかインド系移民二世の作者による、デビュー作にしてCWAヒストリカルダガー賞受賞作。 一応ミステリなのであまりネタバレにならない程度に内容に軽く触れると。 舞台は1919年、第一次大戦後のイギリス領インドのカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ならず者といっても。

この場合は画家ではなく画商たち。 ならず者たちのギャラリー 誰が「名画」をつくりだしたのか? というこちらの本。 現在「サザビーズ」の取締役を務め、「クリスティーズ」や画商の経験もあり、美術や美術業界についての著作も何冊もある作者が美術市場を作り出してきた画商という存在にスポットライトを当てた本。 ならず者(Rogu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一体何だ。

このタイトルは、と思ってしまう本。 爆発する歯、鼻から尿―奇妙でぞっとする医療の実話集 実は17~19世紀の医学論文で報告されている病気や怪我、治療法の事例集というから、えっ。歯が爆発して、鼻から尿? まあ19世紀以前の医学というと、とりあえず瀉血とか、水銀が薬だったりとか、古代ギリシャ以来の四気質と体液説というイメー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文字どおり。

「黒」という色を着る歴史的、文化的意味についての本。 黒の服飾史河出書房新社 徳井淑子 Amazonアソシエイト まあ、表紙からもわかるように、主に西洋においての話だが。 そもそも西洋では色に対して複雑な感情を抱いてきたというか、自然の色や教会のステンドグラスのように色を称える一方で、自然の上にごてごてと多色使いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そりゃ。

呪われたダイヤモンドと呼ばれても仕方がないこの来歴。 コ・イ・ヌール 美しきダイヤモンドの血塗られた歴史 というこちらの本。 タイトルそのまま、かつてインドやアフガニスタン、ペルシアの王たちを翻弄し、現在はイギリス王室所有のダイヤモンド「コ・イ・ヌール」のたどった歴史について書かれた本。 歴史上有名な、名前の付けられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このタイトルは。

まさにぴったり。 大英帝国は大食らい: イギリスとその帝国による植民地経営は、いかにして世界の食事をつくりあげたか河出書房新社 リジー・コリンガム Amazonアソシエイト というこちらの本。 『インドカレー伝』や『戦争と飢餓』で食という切り口から歴史を読み解いていったリジー・コリンガムが、大英帝国という世界帝国の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このところ。

ライバル(?)をしのぐ人気ぶり。 というこちらの肖像画。 ばら戦争でおなじみというか、シェイクスピアでおなじみというか、ヨーク家最後の王リチャード3世の肖像画とされるもの(ナショナル・ポートレイト・ギャラリー所蔵)だが、こちらがこのたびポートレイト・ギャラリーの企画の一環でレスター市での展示が決まったそうだ。 ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして。

どうなるシリーズ6。 Endeavour Series 6/新米刑事モース シリーズ6 オックスフォード事件簿≪英語のみ≫ [PAL-UK] [2019]Amazonアソシエイト というコリン・デクスター原作の『モース警部』が刑事になりたての若いころを描いた、イギリスITV制作のドラマ"Endeavour"シリーズ6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何だか。

いろいろと意味深なタイトルだな。 Endeavour Series 6/新米刑事モース シリーズ6 オックスフォード事件簿≪英語のみ≫ [PAL-UK] [2019]Amazonアソシエイト という、コリン・デクスター原作の『モース警部』が刑事になりたての若いころを描いた、イギリスITV制作のドラマ"Endeavou…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして。

あれ、意外にあっさりと戻ってきた。 Endeavour Series 6/新米刑事モース シリーズ6 オックスフォード事件簿≪英語のみ≫ [PAL-UK] [2019]Amazonアソシエイト というコリン・デクスター原作の『モース警部』が刑事になりたての若いころを描いた、イギリスITV制作のドラマ"Endeavou…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひいいい。

ノートルダム・ド・パリが。 (いや、「ノートルダム」という名前の教会も大聖堂も山ほどあるんで)。 いきなり火災で尖塔が倒壊するのを見せられたら、そのまま寝込むかと思った。 850年ほど前に建設開始のゴシック建築の代表作のひとつが全壊してたら心臓しばらく止まってたな(笑)。 幸いというか何というか、本体は一応石作り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何があった。

と、このジャケットを見たら思わず言いたくなるよね。 Endeavour Series 6/新米刑事モース シリーズ6 オックスフォード事件簿≪英語のみ≫ [PAL-UK] [2019]Amazonアソシエイト という、約1年ぶりのコリン・デクスター原作の『モース警部』が刑事になりたての若いころを描いた、イギリスITV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おわかりでしょうが。

これもここではもはや義務系。 映画『ふたりの女王』。 だがまず何より初めに言っておく。 この映画の舞台は中世じゃないからな。もう宗教改革も大航海時代も始まっているんだよ、大体作中で新教と旧教の対立が出てきているし。それにエリザベス女王の時代っつったら、シェイクスピアの時代だぞ。シェイクスピアが中世だとでも言うのか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これは。

義務系ということで。 というこちら。 このポスターではヴェネツィア国際映画祭しか書いてないけど、ゴールデングローブ賞やBAFTAも受賞しているし、アカデミー主演女優賞も受賞しましたな。 とりあえず誰かが言い出す前に言っておくと、この映画に出てくる女王様18世紀初めのイギリス(イングランド+スコットランドがこの時代に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100周年。

今日11月11日は。 100年前の今日、第一次世界大戦の休戦協定が結ばれた日。 講和の方は翌年からパリ講和会議で順番に結ばれていくのでまた別。 https://www.bbc.com/news/world-europe-46165903 というわけで記念行事でドイツのメルケル首相とフランスのマクロン大統領がそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるで冒険小説のような。

しかし本当の話ということで、まさに事実は小説より奇なり。 ナチスに挑戦した少年たち (児童単行本)小学館 フィリップ フーズ Amazonアソシエイト by というか、分類は児童書となっているが、普通に一般書じゃないかな。主人公たちが少年というだけで。 というこちらの本は第二次大戦初期、ナチスドイツに占領され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして。

うん、まあ、もう、いろいろと引っ張るということはわかっていましたけど、ねえ(笑)。 Endeavour Series 5 [DVD-PAL 日本語無し](輸入版) -新米刑事モース?オックスフォード事件簿? シーズン5-Amazonアソシエイト by という、コリン・デクスター原作の『モース警部』が刑事になりたての…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうそう、そうですよ。

ル・カレ先生もオックスフォードだものね。 Endeavour Series 5 [DVD-PAL 日本語無し](輸入版) -新米刑事モース?オックスフォード事件簿? シーズン5-Amazonアソシエイト by というコリン・デクスター原作『モース警部』が刑事になりたての若いころを描いた、イギリスITV制作のドラマ"…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わあ、大増量。

今回はまだこれで終わりませんよ。 Endeavour Series 5 [DVD-PAL 日本語無し](輸入版) -新米刑事モース?オックスフォード事件簿? シーズン5-Amazonアソシエイト by という、イギリスITV制作の、コリン・デクスター原作のモース警部が刑事になりたての若いころを描いたドラマ"Ende…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あだ名って。

と、思うかもしれないが、これがしっかりとした骨太の本だったりする。 あだ名で読む中世史―ヨーロッパ王侯貴族の名づけと家門意識をさかのぼる八坂書房 岡地 稔 Amazonアソシエイト by というこちらの本。 確かに中世ヨーロッパ(まさかヴィクトリア朝とか言い出す人はここにはいないだろうと思うが、一般的にローマ帝国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おい、待て。

それ「ワルトシュタイン」じゃなくて、「月光」だ。 Endeavour Series 5 [DVD-PAL 日本語無し](輸入版) -新米刑事モース?オックスフォード事件簿? シーズン5-Amazonアソシエイト by というイギリスITV制作の、コリン・デクスター原作の『モース警部』が刑事になりたてのころを描いたド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そんなこんなで。

義務系続き。 Darkest Hour [DVD] [Import]Amazonアソシエイト by というこちら"Darkest Hour"。 邦題は「ウィンストン・チャーチル」はともかく、副題の「ヒトラーから世界を救った男」というのは誤解を招くというか、まだ救ってないし、そもそもこの映画、イギリス本土決戦もとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これはもちろん。

義務系に決まってるだろ、"We shall never surrender!!" Darkest Hour [DVD] [Import]Amazonアソシエイト by というこちら、原題"Darkest Hour"。 で。邦題が「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」というんですがね。洋画の邦題問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして。

わあ、出たよ、ピット・リヴァース(笑)。 Endeavour Series 5 [DVD-PAL 日本語無し](輸入版) -新米刑事モース?オックスフォード事件簿? シーズン5-Amazonアソシエイト by というイギリスITV制作のドラマ"Endeavour"シリーズ5。 え~、繰り返しになるが、ミステリなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1年ぶりの続き。

まあ作中時間は1年も経ってないわけなのだが。 Endeavour Series 5 [DVD-PAL 日本語無し](輸入版) -新米刑事モース?オックスフォード事件簿? シーズン5-Amazonアソシエイト by という、ITV制作のドラマ"Endeavour"シリーズ5ですよ。 コリン・デクスター原作のモース警…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あ、そうか。

第一次大戦100周年(継続中)ということは、こちらも100周年。 ちょうど100年前の1918年2月6日にイギリスで女性の参政権を認める法案(ただし制限付き)が成立したということで、ちょうど100年経って今のイギリス首相は女性。まあメイ首相もいろいろ内憂外患で大変そうだが、ともあれこのあと記念スピーチを行う予定のよう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more