テーマ:英語

流行語というわけでもないのだが。

今年話題になったことというか。 辞書のCollins による今年2015年度のWord of the Year に選ばれた言葉がBinge-watch。これは「テレビ番組、とりわけひとつのシリーズをぶっ続けにたくさん観ること」という意味だそうで、リアルタイムでテレビ局が放送している番組を観るというよりは、Hulu やNet…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

問題はそこなのか。

という本日は最近の話題から。 ニュージーランドの路肩に止まっているこの車。 上に積んだカヤックが横になっていてちょっと危ないんじゃないかという感じで、警察もそれで車を停めたのかと思いきや、何故か警察がその後謝罪の声明を発表。 というのは、この車を運転していた男性を誤って海外からの観光客と勘違いしていたからなのだという。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100年がかりのプロジェクト。

という本日は最近のイギリスから。 正確には1913年だから、今から101年前に始まったプロジェクトが、ようやく最後の段階にさしかかっていて、この9月には終了するらしいという。 それが何かというと、オックスフォードで編纂されているという、中世のラテン語の辞書。 http://www.bbc.com/news/educ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"Scots, wha hae

wi' Wallace bled, /Scots, wham Bruce has aften led, /Welcome to your gory bed, /Or to victory!" ニヤリ訳「ウォレスと共に血を流せしスコットランドの民よ/ブルースに幾度となく率いられしスコットランドの民よ/さあ血みどろで横たわるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まぎれとかオーキッド色とか目玉まわしとか。

どうかと思う。という読了本から×2。 捜査官ポアンカレ ―叫びのカオス― (ハヤカワ・ミステリ)早川書房 レナード・ローゼン Amazonアソシエイト by え~と、これはこの作者のデビュー作で、もちろん本邦初訳。 そしてどうでもいいが、ハヤカワのポケミスなのに珍しく真っ赤な背表紙なのであった。ポケミスってあんま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それは日本ではちょっと知名度は低いかもしれんが。

しかしイギリスではもはや文化の一部と言ってもいいくらいなので。 全くSFでも何でもないミステリを読んでいても「Doctor Who 」に関する記述が出てきたりするのだが。 で、たまたまイアン・ランキン(スコットランドのミステリ作家)を読んでいたら、ある場所にたくさん部屋があってまるで迷路のようだということを示すのに「正真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ということはイギリス英語満載になるのだろうか。

ルーカス・フィルムをディズニーが買った際、「スター・ウォーズ」の新3部作を制作すると発表していたのだが、まずその第1弾のエピソードⅦが2015年12月に公開(予定)と発表されてますます現実味を帯びてきたのだが。 で、この雨の中列を作っている人々は何かというと、そのエピソードⅦの出演者のオーディションがブリストルで行われたそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まあイギリス英語は概して早口だとは思うのだけど。

毎号買っているわけでもないのだが、イギリス特集は買っている割合が高い「English Journal 」。 CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2013年 12月号アルク 2013-11-06 Amazonアソシエイト by 大体毎年12月号はイギリス特集ということで、インタビュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

確かに日本でもペットボトルの持ち込みなどは禁止されているが。

しかし9.11以降の空港での警備体制強化に「そこまでやらなくっても」と思った人は世界中にたくさんいると思うのだが。 そしてこの方もつい最近回想録(前半)の冒頭でアメリカの入国審査についてちょっと皮肉混じりの苦言を呈していたりしたのだが(ちなみにこちら→http://niyari-orbit-catseye.at.webry.inf…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず噂は事実だったという。

という本日は最近のイギリスから。 こちらは昨年のロンドン五輪開会式で生歌を披露したり、来月半ばには11年ぶりの来日公演を行なう予定だったり、その前に先日発売されたアルバムが70代で初のトップ10入りを果たしたりと、ますます活躍中のサー・ポール・マッカートニー。 上の写真は今日発売されたアメリカの雑誌「ローリング・ストーン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日本屋に行ったら。

「イングリッシュ・ジャーナル」の今月号が出ていて、まあ毎号買っているわけではないのだが、とりあえず内容の確認+毎年12月号はイギリス特集のはずなので予告をチェックしたら、来月12月号はベネディクト・カンバーバッチがインタビューに登場するようですよ。 http://www.alc.co.jp/ej/yokoku.html いや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここ数日台風の影響で。

30℃越えとか、まだ6月なのに何を考えているんだという気温が続いていたりしたのだが。まあでも、関西方面は36℃とか37℃いっていたというので、それに比べればまだましというか。 Broadchurch [DVD] [Import]Pid 2013-05-28 Broadchurch Amazonアソシエイト by と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成文憲法がないというと。

フリーダムな感じがするのだが、一応アバウトに800年の歴史と伝統がありますからねえ。という本日は最近のイギリスから。 こちらはイギリス庶民院(下院)でディベート中のCaroline Lucus 議員。 ちなみにこのTシャツはPage Three =文字どおりイギリスのタブロイド紙「The Sun 」の3面のことを指し、よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語ってつくづくヤミナベ言語だと。

英語はフランス語やドイツ語に比べれば無法地帯のような言語だし、フランス語のように国家が管理していないからどんどん新しい造語ができたりするわけで。 で、ドイツ語も単語と単語をくっつけて長い単語を作ったりということがよくあるのだが。 http://www.guardian.co.uk/world/2013/jun/03/indf…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ダーク(dark)」とくれば。

まず最初に「暗い」とか「濃い」という意味が来ると思うので、ちょっとしっくりこない名前だと思うのだが。という本日は最近の話題から。 こちらはISS(国際宇宙ステーション)に据え付けられた数々の実験施設のうちのひとつ、AMS(アルファ磁気分光器)。宇宙空間での高エネルギー粒子や宇宙線を調べる装置で、「スペースLHC」とも呼ばれ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

まあイギリスなら何がいてもおかしくはない+英語の罵詈雑言。

という本日は最近のイギリスから+α。 こちらはイギリスのヨークシャー西部の町Bradford の警察署の防犯カメラの映像なのだが。 このバットマンのコスチュームを着た男は一体何なのかというと、警察署にこの格好で現われて手配されていた容疑者の男を引き渡して去っていったのだそうで、その正体がいまだ不明ということもあってまさし…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

もしも吹き替えや字幕でそこまでこだわるとどうなるかという疑問。

いや、「イギリス英語」と一口に言っても、実のところ階級や地域によってかなりバラバラと思われるので。 それで何の話かというと、まずは本日の夜、というか正確には夜中回って0時25分からN○K総合でBBCのドラマ「シャーロック(Sherlock )を地上波で放送しますよという。で、今日でシリーズ1が終わりなわけだが、この後どうもシリーズ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もしかして実は違う話なんじゃないか。

そう思ってしまったことが一瞬どころかたびたびって、一体どういうことなのだろう。 寒い国から帰ってきたスパイ (ハヤカワ文庫 NV 174)早川書房 ジョン・ル・カレ Amazonアソシエイト by いや、この本↑と、 The Spy Who Came in from the Cold (Penguin M…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

だから繰り返しになるわけだが。

何だって1日オリンピック中継で盛り上がっているN○Kが、この時期にぶつけて放送するかなあ。まあBSだし、どうせ私は見られないし、オリンピックの方も熱心に全部見ているというわけではないのだけど。地上波で再放送しろ、受信料払わねえぞ(笑)。 そのBSでは何だかイギリス特集とかイギリス巡りみたいなこともやっているようなので、イギリスとい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

というか朝から晩までオリンピック競技の放送をしているなら。

何もそのさなかに「シャーロック」放送しなくってもいいのに、N○K(笑)。 別に9月でも10月でも11月でもよかったのに、と言ってるのはひとえにシリーズ3が製作にすら入っていないからというだけの理由ですが。まあどっちにしろN○Kの放送はBSなので見られないけどね!!(笑)。どうせなら地上波でやれというのに、受信料払わねえぞ(笑)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まさにお役所仕事というのか。

という本日は最近の話題から。 東日本大震災の復興支援の一環で、東北地方に海外からも含めて観光客を呼び戻そうという「東北観光博」というのを今観光庁が音頭をとってやっているらしいのだが。 そのために作ったホームページの海外版が誤訳というか、機械翻訳のオンパレードで一時閉鎖する羽目になったらしい。 http://headline…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これ、結局日本での放映はまだ未定なのかな。

まあどうせN○KでやるったってまたBSで、地上波ではやらないんだろうけど。 というわけで、BBC製作のドラマ「Sherlock 」、ようやくシリーズ2の1話目視聴。 ちなみに日本版のDVDはまだ多分出ていない(出すとしたらN○K?)+前に見た時に日本のアマゾンにあったアメリカ版DVDはリージョンコードのせいで日本では視聴…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

だからといってアップルならいいというわけではない。

未確認情報だが、アップル社の「iPad3」が近々出るとかでないとかいう話で、これもまた2の立場って一体、という話ですよねえ。パソコンにしろ携帯端末にしろ、こう次々新しいのが出るとなると、買い時に困りますよね。まあiPadは、ハードよりソフト面(電子書籍とか)がどうもまだ色々あれなので、当分買う予定はないと思うが。 そしていつの間に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本では今日は祝日。

それにしても昔は15日と決まっていた成人の日が第2月曜だかの移動祝日になってしまったため、何が困るってお正月飾りの左義長がところによってまちまちで、一体いつなんだかわからないという。気がついたら既に終わっていたというところもあるし。 ともあれ、連休なのでがんばって見ました、BBCの「シャーロック」第2話。 「がんばっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原典に記述はないものの。

全世界の研究者のみなさんによれば、今日1月6日はイギリスが世界に誇る輸出品・シャーロック・ホームズのお誕生日ということになっているわけですが。 そんなわけで(どういうわけで?)、本場BBC製作のドラマ「シャーロック」を、お正月の箱根駅伝の合間をぬって何とか鑑賞しました。とりあえず第1話とそのパイロット版。1話あたり90分あ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

イギリス人の社会不適応者な諮問探偵。

とくれば、イギリスが世界に誇る奇人変人なあの人しかいないわけだが(笑)、あいにくとガイ・リッチー監督の映画版の方の話ではない(もうそろそろ続編が公開じゃなかったかと思うが)。 話は「おのれN○K!!」というところから始まるのですがね。 どういうことかというと、昨年だったかにBBCがヴィクトリア朝ロンドンの社会不適応者で変人でヤク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そこまでやるんだ。

当ブログでも何度か話題にしている、既にしてベストセラー本。 スティーブ・ジョブズ I講談社 ウォルター・アイザックソン Amazonアソシエイト by スティーブ・ジョブズ II講談社 2011-11-02 ウォルター・アイザックソン Amazonアソシエイト by と言いつつ、すみません私はまだ読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネコン爆破(笑)。

イギリスだからか、イギリス映画だからか、ハリウッド大作でも邦画でもないからか~!!(泣)。 といきなり暴れているのは、地方のくせにやたらシネコンが乱立しているうちの地方なのに、どのシネコンもやっぱり「英国王のスピーチ(The King's Speech )」の上映予定がないらしいということが発覚したから。数ばっかりあっても同じ映画…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

これがイギリスのブラック・ユーモアだ!!(笑)。

by BBC(笑)。 いや、ほんとはジョークじゃなくて謝罪のコメントなんですけどね。 BBCの番組に「トップ・ギア」という車の番組があって、その中でメキシコ人のことを"lazy and feckless(怠け者で無気力)" と司会者が言ったところ、クレームがついたということなんですがね。 でもイギリスには元々ちょっときわどい国…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more