今注目の。

中国SF短編集。

時のきざはし 現代中華SF傑作選 - 江波, 何夕, 糖匪, 昼温, 陸秋槎, 陳楸帆, 王晋康, 黄海, 梁清散, 凌晨, 双翅目, 韓松, 吴霜, 潘海天, 飛氘, 靚霊, 滕野, 立原 透耶
時のきざはし 現代中華SF傑作選 - 江波, 何夕, 糖匪, 昼温, 陸秋槎, 陳楸帆, 王晋康, 黄海, 梁清散, 凌晨, 双翅目, 韓松, 吴霜, 潘海天, 飛氘, 靚霊, 滕野, 立原 透耶

というこちら。
中国SFの短編集というと、ケン・リュウによるアンソロジーもあるが、こちらは日本の編者がチョイスして編んだ短編集『三体』の作者や既に別のアンソロジーやミステリで見かけた名前もあれば、多分初めて読む作者もいて、内容もハードSFから叙情的なものまで、バラエティに富んでいる

いや、どれも文章とか、話の運び方とか、アイデアとか、もろもろで読ませて面白かったんだけど、特に印象に残ったのは、なるべくネタバレなしでいくと冒頭の江波「太陽に別れを告げる日」(宇宙開発を目指す学生たちの話)と最後の表題作、滕野「時のきざはし」(歴史のさまざまな場面に現われるタイムトラベラーの話)、昼温「沈黙の音節」(ミステリ仕立ての言語SF)、靚霊「落言」(ファーストコンタクトもの)あたりとか。いや、他も、VRや食糧問題を独特のやり方で料理したものから、歴史SF、仏教的思想や伝説をもとにしたものなど、それぞれに面白く、もっと読んでみたいと思わせる。

しかし以前中国ではSFやミステリも検閲が、という話を聞いたような気がするのだが、現状はどうなのだろう。是非発表する場が失われないでほしいのだけど。

というわけで今日はこのあたりで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント