一応建物は保存されているといえばされているというか。

以前紹介していた、ロンドンのバタシーの発電所(BBC「シャーロック(Sherlock)」シーズン2第1話に出てくる廃墟然とした建物)の再開発計画ですが。

売りに出されたものをマレーシアの企業が買ったというのだが、その後どうなったかと思っていたら、どうやら開発計画の許可は下りたようで、来年度2013年から工事を始めて3500戸の住居やオフィス、店舗、公園を備えた複合施設にするらしいという

http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-london-19491249

↑の記事の1番上の図が多分完成予想図と思われるのだが、一応発電所本体の外観は残っているとはいえ、何だかえらく大規模に様変わりしそうな感じといいますか。
ちなみにこの建物は「GradeⅡ」に指定されているため、外観は残さなきゃならないらしく、これ以前にも何度も再開発計画が持ち上がってはいたのにことごとく頓挫してきたというのはどうもそれがネックになってきたらしい
いやでも、上の記事中の写真が完成予想図だとすると、確かに外観は残ってはいるが、えらく改造しすぎというかですね。個人的には手をつけないままの廃墟然とした建物の方が好みだったのだけどなあ。あ、となるとますます「シャーロック」に登場するあの姿がバタシー発電所改造前の見おさめになるのかな?(他の作品でも登場してるかもしれないけど)。その意味でも貴重(笑)。

ちなみに総額80億ポンド(1ポンド=本日のレートは128円)にのぼるという超巨大プロジェクトになるようで、2万6000人の雇用を創出するという経済効果も期待されているらしい。とりあえず第一段階は2016年には完成するということなのだが、第一段階ということはその後もあるということですよね。一体何年がかりになるのだろうという超巨大プロジェクトの予感。

さらにちなみに、商業施設の方には店舗やオフィスの他にジムやプール、スパ、劇場などもできるそう。
でも発電所本体の中身の方が一体どんな感じになるのかがなあと。どうも新しい地下鉄駅も持ってくるようなので、意外とその駅に使われていたりして。まあ駅だけに使うにしてはでかすぎますけどさ。

というわけで今日はこのあたりで。

この記事へのコメント

Pumpkinface
2012年09月06日 17:12
新しいシティセンターにする、とかいってますねぇ。

個人的には全然惹かれないけど、ロンドンには新しく住居は必要だろうから、いいのかも。ま、私が買えるような値段ではないでしょうが。
ニヤリ本舗@管理人
2012年09月06日 19:55
私はやっぱり元のままの方がいいというか、まあ再開発自体はいいんですけど。完成したらしたで新しい名所になったりするんですかねえ。居住区はさておき一応公園区画は一般に開放されるみたいだというし。

この記事へのトラックバック