渦中のお方もこのくらいやったら少しはイメージアップにつながるんじゃ(笑)。

いやもう遅いとは思うけど(笑)
という本日は最近の話題から

ヨーロッパも昨年はギリシャに続いてアイルランドが経済危機に陥り、次はイタリアかスペインかポルトガルかと言われているわけですが
かようにイタリアが財政難なのはわかるのだが、そのせいで世界一世界遺産を抱えているにもかかわらず保全がおっつかず、ポンペイ(の遺跡内の建築物の一部)が崩壊したりしているわけですが。それはポンペイに限った話ではなくて、ローマのコロッセオなども、特に車の排ガスなど大気汚染やすぐそばを走っているらしい地下鉄の影響で痛んだり、そこへもってきて政府がこのところ保存のための予算を削減した影響で風化が問題になっていたらしい
そこでこのたびイタリアの靴メーカー「Tods 」の創業者が修復費用を負担すると名乗りを上げたそうだ

http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-12256813

修復費用は2500万ユーロ(え~と1ユーロは本日112円ほど)かかる見通しで、今年の末に作業を開始しても2年半かかるだろうということですが、創業者のDiego Della Valle 氏いわく、「世界的にイタリアを象徴しているモニュメントは修復されるべきだし、「メイド・イン・イタリア」を象徴している会社は『必要なら私たちがいる』と名乗り出るべきだ」とのこと。他の企業家たちにもこういった活動に参加するよう呼びかけているんですが、そうですねえ、まずイタリア有数の大富豪でメディア王の方が言われる前に何より真っ先にこういった活動に参加する義務があるんじゃないですかねえ、そもそも予算削った張本人だし→もちろんベルルスコーニ首相のことですが(笑)。何しろ離婚訴訟で月の生活費を何億だか払えと言われたくらいなので、遺跡の修復費用くらいポケットマネーでいくらでも出せるんじゃなかろうか(笑)。まあ本人は今買春疑惑騒動で火だるまでそれどころじゃないかもしれませんが、この手の女性問題が発覚するとか銅像ぶつけられるとか不信任案を提出されるとかする前にポケットマネーで遺跡修復でもしておけば、少しは支持を得られたかもしれないですよ(笑)

というわけで今日はこのあたりで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック